久しぶりのセックスにおける早漏対策のフルオキセチン

久しぶりのセックスというのは、非常に気持ちの良いものです。
女性に神秘的な輝きが見えるような感動的な体験ができます。
しかし久しぶりのセックスで注意しなければならないことは早漏です。
久しぶりだからこそ刺激が強すぎて早く射精してしまうということは男性であれば、誰でも起きる可能性が高い症状です。

早漏は数回ほどであれば、女性の方もかわいいという感じにみられることが多いです。
久しぶりのセックスで早漏であることを強く咎められる体験をするというのは、男性もそんなにないはずです。
それが性行為を行うたびに何度も早漏になるのであれば、パートナーの方も欲求不満になることもあるでしょう。

この早漏というのはフルオキセチンで解決する可能性があります。
このフルオキセチンというのは、抗うつ剤に含まれている成分です。
興奮を抑える物質が少ないことから感情をコントロールしにくくなり、うつ病になることがあります。
それを抑える成分としてフルオキセチンが使われます。

このようなプロセスというのは、実は早漏と同じメカニズムでもあるのです。
性的興奮を抑える成分が少ないことから、興奮が強くなりコントロールできない交感神経が活動をし始めてしまい射精は起きます。
この射精を抑えるには交感神経を働かせずに、副交感神経を動かすことが大切です。

性的興奮を抑える成分を外から取り入れることで、交感神経を働かせる時間を稼ぐことが可能です。
この成分が入った治療薬を使うことで、射精の時間を遅くすることがわかっています。
今すぐ早漏を改善したいと望んでいる人であれば有効的な医薬品になるでしょう。
抗うつ剤と同じ成分ですので、うつ病の方は控える必要がありますが、多くの男性に服用出来るチャンスがある医薬品です。