亀頭の感度を落とす方法

注射器とヒアルロン酸

性交時に早く絶頂に達してしまういわゆる早漏の気味の方にとって亀頭の感度を落とす方法によって早漏を治す治療法があります。
その方法としては亀頭部に持続型ヒアルロン酸やアクアミドを注入することにより、亀頭部にうすい膜が出来たような状態となり性交の感度が落ち性交時間が長くなります。
さらにこの亀頭の感度を落とすために入れる持続性ヒアルロン酸やアクアミドによって亀頭部が増大するのと同時に張りと硬さが増すのでパートナーに与える刺激を多くすることができるのです。
さらに亀頭部へ持続性ヒアルロン酸等を注入する際に亀頭の形を整えたり、特定の部分を大きくすることも可能であり、パートナーへ与える刺激をさらに大きくすることもできます。

また亀頭部が小さい方は仮性包茎である方が多く、亀頭の感度を落とす治療と同時に仮性包茎の手術をすることが出来ます。

手術時に注入する持続性ヒアルロン酸とは通常のヒアルロン酸は体内に数か月で吸収されてしまうのに対して、持続性ヒアルロン酸は2年以上効果が持続します。
またアクアミドは体に吸収されずに残るものがあるので、ほぼ永続的な効果が期待できます。

費用は10万~20万円の間で注入する持続性ヒアルロン酸やアクアミドの量に比例していきます。